25歳ぐらいに多いエンジニアの転職理由

エンジニアが転職をする理由は、人それぞれ色々な背景があります。例えば25歳くらいの方に多い転職理由としては、「自分が思い描いていた職場と違った」ということが大きな理由としてあげられます。

大学卒業後、新卒で就職することができた職場。でも、希望していた配属先と違った。あるいは、自分のスキルを活かしきることができない仕事内容で、思っていたものと違った。などの背景があります。

「せっかく就職することができたのだから、とにかく頑張ってみよう」「何事も経験を積むことが大切だから想像していた仕事ではないけど頑張ろう」と、前向きな気持ちで3年ほど我慢して仕事をしたけれども、いよいよ限界を感じてしまい、転職を決意するというパターンが多いようです。

理想と現実がなかなか一致することがないのは、頭ではわかっていても、自分の才能を埋もれさせてしまうような仕事に、ずっと従事しなければならないのかと思うと、将来を不安に感じてしまうのは当然のこと。

まだ若い年代でもあるため、転職をして本当に自分のやりたい仕事に従事した方がやりがいがありますし、仕事をする醍醐味を味わうことができます。思い切って転職をした結果「やっぱりあの時、思い切って前の会社を辞めて正解だった」と胸を張って言えるよう、自分が理想とする職場を探すことが大切です。

あなたが希望している条件を提示してくれる理想の職場を見つけるためには、どんな仕事に従事したいのか?将来的にはどんなエンジニアとして活躍したいのか?などの明確なビジョンを持つようにしましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはこれまでに転職成功実績が業界でもトップクラスで、非公開求人が特に多いことでも有名な転職支援サイトです。
全体の求人案件の中で約9割が非公開求人になっています。
自分で求人情報を探して応募するというサービスではなく、自分が希望している条件に合った求人情報を提案してくれたり、転職が成功するまでしっかりとサポートしてくれるという点が一般の求人サイトと異なる点です。

リクルートエージェントが業界内でもトップクラスの転職成功実績を重ねているのは、サービス開始以来培った独自のノウハウを活かしてオリジナルのサービスを提供していることも大きな理由となっています。
「AGENT Report」では独自に収集した企業についての情報を紹介してくれます。
求人情報を見ただけでは判断することが難しい企業の特徴や働く環境、どんな人材が活躍できるかという点などが紹介されています。
一般の方には確認することができない情報で、転職支援サービスに申込した方だけが活用できるサービスです。
転職活動において難関とされるのが面接と言われていますが、面接で絶対に失敗することがないように「面接力向上セミナー」も実施しています。
面接官がどんなチェックをしているのかなど人事担当者でしかわからないノウハウを知ることができるとても良い機会になると好評です。
職務履歴書ツールを活用することで簡単に職務履歴書を作成することができたりするなど転職に便利なサービスを無料で使い倒すことができます。

 

正社員の仕事を探すなら

東京のエンジニア転職求人状況

東京でエンジニアの転職求人状況を確認してみると、全国的に見ても圧倒的に求人数が安定しています。大小様々な規模の企業のあらゆる職種において求人があるため、キャリアアップを目指している方はもちろん、未経験者でも可能としている場合も。
以前の職場では満足することができなかった方が、新たなステージに向けて転職を目指したり、エンジニアの仕事は全く未知の世界だけれども興味があり積極的に取り組んでいきたいという強い意思がある方にとって道が開けています。

求人情報の内容を確認してみると様々な業種でエンジニア職を募集しています。雇用形態も正社員や契約社員など色々ありますので、働きやすい条件から探すことも可能です。
日本で誰もが名前を知っているような上場企業からの求人も多く、憧れていた企業がある方にとってはすごくチャンス。より自分のスキルを高めたい方にとっては、最高の条件を提示してくれる外資系企業の求人もあります。年収に関しては、職場や仕事内容によってかなり開きがありますが、400~800万円という場合が多いようです。

東京の場合は色々な企業の求人情報があることから、自分が理想としている職場を見つけやすいという特徴があります。ただ自分の持つスキルを十分に発揮することができる企業は、他のライバルにとっても理想的な企業である可能性があります。条件が良い企業があれば、すぐに行動をしないとすぐに埋まってしまうかもしれません。迅速な行動が必要です。

東京でアパレル正社員の求人情報はこちら

女性のエンジニア転職求人状況

女性のエンジニアが転職をする際の求人状況はどうなっているのでしょうか。

エンジニアというと男性の職業であるという印象を持たれる場合が多いですが、最近は女性のエンジニアも増加傾向にあります。
それでもまだ職場内では圧倒的に男性の方が多いという特徴があります。
しかし今後は企業でも女性エンジニアの採用を積極的に進めようとしている動きもあることから、転職する際にも有利になる可能性があると考えられます。
働く女性が増え、結婚・出産を経験した方でもエンジニアとしてのスキルを持っていることは転職において大きな強みとなることから、エンジニア職を志望する方が増えていくことが予想されています。

エンジニアとして経験を積んできた方はもちろん、未経験者やしばらくブランクがあったという方でも転職のチャンスは大いにあります。
特にまだ小さなお子さんがいるという女性にとっては、子育てと仕事の両立が非常に大変だと思われますが、産休や育休制度を完備してきちんと応援してくれる企業がたくさんありますのでこういった企業を転職先に選ぶと働きやすい環境が整っているといえます。
正社員や契約社員、派遣社員など都合に合わせて仕事をしやすい雇用形態を選ぶことができます。
給与も時給や月給、年棒制などさまざまですが、個々のスキルや能力によって差が生じますので応募時に確認をしておく必要があります。

これからは女性でもエンジニアとして活躍する場面が多くなることが予想されますので、積極的に転職活動をすることが有利になると思われます。

●関連情報
女性の退職祝いサイト

ベンチャー企業のエンジニア転職求人状況

ベンチャー企業へ転職を希望するエンジニアの求人状況を確認してみましょう。

これまでエンジニアとして経験を積んできた方があえてベンチャー企業へ転職を決意するに至るまでにはとても勇気がいるものだと思います。
今後発展するかわからないベンチャー企業ですから、自分の処遇も含めてある意味冒険となることは間違いありません。
ただ、ベンチャー企業だからこそ将来性が期待できるとも考えられます。
既存企業では考えもしなかったような新しい視点の発想で、爆発的に発展する可能性も秘めているのが大きな魅力でもあります。
社員が一丸となって仕事に従事することができるため、自分の頑張り次第で会社を大きく発展させることができるためやり甲斐が感じられるものです。
自分が仕事をしやすい環境を提案することですんなり受け入れられる可能性も高く、自分のスキルを更に高めて仕事に集中できる環境を整えることもできるといえます。

ベンチャー企業だからこそ有能なエンジニアを求めていることから、自分が希望した職場へ転職できる可能性が高くなります。
これまでに培った経験を活かすことができる環境を提供してくれるかを確認することが必要になりますので、しっかりと求人情報を確認しなければいけません。
様々な分野の職場が存在していますが、自分の能力を発揮することができるところを探すことを優先させてください。
給与については大手企業に比べると若干安めになる可能性が高いですが、自分の頑張り次第で業績を伸ばすことに貢献することで収入アップも見込めるのでやり甲斐を感じられます。

Uターン・Iターンのエンジニア転職求人状況

UターンやIターンの場合、エンジニアの転職求人状況を確認してみましょう。

エンジニアとして最先端技術に触れながら仕事に従事することはとてもやり甲斐が感じられるものです。
しかし色々な事情でUターンをして生まれ育った田舎に戻ったり、Iターンをして地方でのんびり生活するなどをしてエンジニアとして仕事をする道を模索する方も多いです。
地方の場合は都市部よりも求人情報が少ないのは当然のことですが、全くないというわけではありません。
むしろ地方であるからこそこれまでに培ったエンジニアとしての技術力を大いに発揮する場面が多くあるといえます。
大手企業の支店や営業所が存在している場合もありますし、地域に密着した中堅企業が存在している場合もあります。
まずは転職を希望している土地にエンジニア職を募集している企業が存在しているか確認してみることが大切です。

Uターン、Iターンで転職するエンジニアは都市部の高い技術力を身につけていると判断されて即戦力として積極的に採用したいと考える企業が多いです。
転職を成功させるためにも、これまでの経験を活かすことができエンジニアとしてのスキルを十分に発揮することができる環境を提供してくれる企業を選ぶことが大切です。
仕事内容はもちろん、待遇面でも妥協をしないで「是非この会社で働きたい!」と思える職場に応募することが大切です。
自分の強みを積極的にアピールすることで転職を成功させることができる可能性が高くなりますので、新たなステージに向けて活動することから始めましょう。

外資系のエンジニア転職求人状況

外資系企業にエンジニア職として転職を希望している場合の求人状況を確認してみましょう。

外資系企業と国内企業との大きな差は待遇面です。
決して国内企業の待遇が悪いというものではありませんが、外資系企業の場合は待遇の水準が高めであることが特徴的です。
年功序列ではなく、若い年齢であっても実力を伴っていればしっかりと認められて出世することもできますので、チャレンジ精神が旺盛な方にとっては非常に有利な職場となります
そのためエンジニアとしてのキャリアアップを目標としている方に外資系企業の人気が非常に高く、求人情報が出されるとすぐに採用される人が決まってしまうという状況になりやすいです。
求人数も決して多い方ではありませんので、ライバルが多い狭き門になる可能性が高いと考えられます。

外資系企業の給与に関しては「実力主義」となる場合が多いので一概にはいえませんが、300万円台から900万円台と平均年収にかなり開きが生じてしまいます。
中には未経験者でも応募することができる場合もありますが、即戦力として既に実力を兼ね備えている経験者を優遇して採用する傾向があります。
会社の業績に貢献したことが認められることによって年収がどんどんアップしていくことが見込まれることからもやり甲斐を感じやすい職場が多いです。
場合によっては日常会話レベルまたはビジネスレベルの英会話能力を求められる場合もありますので、英語力に自信がない方はあらかじめ確認が必要です。

ゲームアプリエンジニアの転職求人状況

ゲームアプリエンジニアの場合は転職求人状況が好調といえます。
日本国内においてもガラケーからスマートフォンにシフトするユーザーが増えてきたことからも、今後はゲームアプリの開発を積極的に手がける企業が増えると予測できます。
ゲームアプリ業界は競争が激化している状態で、より優秀なエンジニアの人材を確保することができればヒット作を世に送り出すことも可能になるため、積極的に優秀なエンジニアを採用したいという動きが見られます。

ゲームアプリエンジニアの場合はこれまでに他の企業で同じように開発に携わった経験者だけでなく、実際には同じ職種の会社に勤務した経験はないものの自作でゲームアプリの開発に取り組んだ経験があるという方も積極的に採用してくれる可能性が高いです。
もちろん実績があることは一番有利な条件となりますが、世の中には浸透していないのに素晴らしい作品を生み出す能力を秘めたエンジニアの存在は非常に貴重なものです。
幅広く意見を取り入れながらより良いアプリ開発に取り組むことを考えている企業であるほど、まだ無名のゲームアプリエンジニアの採用を積極的に行っている場合が多いです。

求められるスキルも企業によって異なりますが、応募条件に規定している資格や経験については最低限満たしていることが必須となります。
平均年収は400~700万円台が多いですが、会社の業績に貢献できるヒット作を実現させることによってより高い報酬を得ることも期待できます。

C言語のエンジニア転職求人状況

C言語のエンジニアは転職求人状況が比較的多いという特徴があります。
プログラミング言語の中でも最も取り扱うことができるプログラマ人口が多いとされており、開発環境の中でもC言語を取り扱うことができるエンジニアの存在は欠かすことができません。
特に組み込み系のソフトウェアにおいてはC言語のエンジニアが最もニーズが高いと言われています。
ソフトウェアだけでなく、ハードウェアにも詳しいエンジニアの存在が必要とされる場合もあります。
実務上においては単純にCの言語だけを取り扱うことができるのではなく、他のスキルや経験があることも求められる場合もありますので、企業としても実績を積み重ねた経験者のエンジニアを求めているケースが多いです。

C言語エンジニアは元々は自動車関連業界から家電業界へ転職したりなど、異業種から転職する方も多いと言われています。
もちろんそれぞれの分野で経験を積んだ方が同じ業界内で職場を変えるという選択肢もありますが、異業種間であってもこれまでの経験を十分に活かすことができますので幅広くスキルアップを目指したい方にとって最良のチャンスとなります。
転職をすることで仕事の環境を変えるだけでなく、年収アップも見込むことも期待できます。
あらゆる場面でも積極的に仕事をこなす意欲がある人であるほど、優先的に採用される傾向があります。

平均年収は300万円台から800万円台が多く、最も多いのは400万円台の方となります。
職場によってそれぞれのスキルを考慮して年収が決定されることになります。

ネットワーク案件のエンジニア転職求人状況

ネットワーク案件のエンジニアは転職求人状況が安定しています。
様々な業種において、今やネットワークの構築、運用、保守は欠かすことができません。
ネットワークエンジニアの存在は企業にとって必要不可欠でもあることから、今後も採用は安定すると見込まれます。
ただ、今後はあらゆる業種でもクラウド化が進むことでネットワークエンジニアに求められるスキルも変わっていくと考えられます。
単純にネットワークの管理に携わるだけでなく、いかにして企業の利益に貢献することができるネットワークの構築を推し進めることができるかという点です。
より良い方向にするために改善することができるスキルを持っている方を求める企業も増えてくると思われます。
他にもコンサルティング、マネジメントなどのスキルがある方であれば幅広い職場で優先して採用される傾向があります。
特にチームワーク体制で仕事を行なう場合が多いので、コミュニケーションスキルが必須とされる場合もあります。

ネットワークエンジニアとして経験が豊富な方が求められる場合が多いですが、外資系企業であれば英語能力なども必要となる場合もありますので事前に確認することが大切です。
平均年収は300万円台から700万円台と幅広いですが、転職する当初で最も多いのは400万円台だと言われています。
これまでの経験や個々の能力、年齢が考慮されて年収が決まりますので、本採用が決まる前に確認することが大切です。

転職をきっかけにしてスキルアップを期待することもできますので、是非積極的に転職活動を行なうようにしてください。